DSCN4606-1024×768
DSCN4627-1024×768
DSCN4607-1024×768
DSCN4602-1024×768
DSCN4601-1024×768
DSCN4615-1024×768
DSCN4600-1024×768
DSCN4598-1024×768

旅日記-インド編⑥コルカタ

コルカタ

コルカタ、別名カルカッタとも呼ばれるこの地は、駅から出てすぐにココがそうであると認識できるほど熱気と活気に溢れる街であった。
そこら中に散らばったゴミ、それに群がるカラス達、店頭に並んだ魚や肉の生臭い匂い、喧嘩をしているような人々の話し声、車のクラクション。うるさい、汚い、臭いの三拍子である。僕らはまず、インドでも今では珍しいリアカー式の人力リキシャに乗って安宿の集まる地区”サダルストリート”へと向かった。

リキシャを降りるや否や、通りにいる若者達に話しかけられる。それも流暢な日本語だ。かなり怪しい。このサダルストリートはバックッパッカー達が集うことで有名なエリアで、それを狙った怪しいやつも多い。後から宿のおっさんに、「日本語で話しかけてくるやつには絶対に着いて行くな」と注意された。実際に被害にあった者も宿に何人かいるようだ。マリアという安宿に泊まった。値段は交渉して一人300か250rsだったか、はっきりとは覚えていない。ムンバイ、デリーと並び、大都市であるコルカタも宿の相場は少し高めのようだ。

部屋で休んでから昼飯を食べに出かける。ダージリンで知り合った男性に教えてもらった”ブルースカイ”というレストランへと向かうことにした。ここは宿からもとても近く、店内はクーラーも効いているのでとても快適だ。僕はここでPaneer Tikka Masala(パニールティカマサラ)を注文した。

手前にある白い塊は、パニールと呼ばれるインドチーズの一種であるらしい。味は豆腐に似ているが、食感は日本のそれよりも硬い。辛さも慣れてしまっていたのか、美味しく頂いた。あとはタンドリーチキンなどもオススメであるが、値段は少し高い。

程よく腹を満たし、辺りをうろつく。どうやらこの街ではリキシャよりもタクシーがよく走っているようだ。大通りに沿って、所狭しと様々な種類の露店が出ている。衣類や靴、明らかに偽物のブランド時計、サングラス、電化製品までもが売られていた。雨の日などは通り抜けるのだけでもやっとの思いである。少し角を曲がり、街中へ入ればそこには果物屋やレストラン、ジュース屋などがずらっと並んでいる。人も多ければ店の数も多いようだ。

コルカタには地下鉄があり、人々の生活にも大いに役立っているようだ。朝の通勤時にはとても混雑するらしい。しかもこの地下鉄、システムも中々の物である。駅のホームにはモニターが何台か設置されており、ミュージックビデオや宣伝などを随時流している。

改札も切符を買って通すのではなく、お金を支払うとプラスチックで出来たコインを渡される。それを改札にかざすとセンサーが反応してゲートが開くという仕組みだ。なんとも近代的である。もちろん車内はクーラーも効いていて、肌寒く感じる程だ。中にはビジネススーツを身に纏った人もちらほら。都会へ来たのだなと感じる時であった。

知らない土地を歩いていると沢山の物事に興味を引かれ、時間が経つのを忘れてしまう。辺りは暗くなり始めて夜が訪れた。

だからといって街の灯りが消えることはない。夜には夜の賑わいがあるのだ。昼間は大人しかった店も、煌びやかなネオンを掲げて暗いストリートを明るく照らす。僕らはその中に人が集まっている露天を見つけた。

覗いてみるとチョーメンやフライドライス、モモなどが売っていた。しかもかなり安い。どうりでインド人達が沢山集まるわけである。後にもここには何度も訪れた。貧乏旅の我々にとってはありがたいスポットである。店の前に置いてある椅子に座って食べていると、インド人が話しかけてくる。どっから来た?どれぐらい旅をしている?インドは好きか?お決まりの質問ばかり。だが、最後には仲良くなって相方がカメラを出すと一緒に写真を撮ろうと言う。本当にこちらの人はカメラが好きなようだ。パシャっと撮って見せてあげると、「この辺は危ないやつが多いから気をつけろよ。じゃあな!」と満足そうに帰って行った。皆を皆、疑い過ぎるのもよくないようだ。

宿に戻ってベットに入る。どうやら賑わいは夜中遅くまで続くようだ。活気溢れる店々、危険な街頭、車やバイクの騒音。

これは、面白くなってきた。

 

つづく。

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください